2010年5月 1日 (土)

Microsoft Fix it Center Online Beta

今日は、「Microsoft Fix it Center Online Beta」を紹介します。

Microsoft Fix it Center Betaは一般的なPCとデバイスの問題を自動的に検出して修正してくれるツールです。 また、既知の問題を事前に確認し、更新プログラムをインストールすることにより、新しい問題を防止することもできるようです。Beta版ですので、インストールする際はご注意下さい。興味のある方は下記のURLよりダウンロード出来ます。

http://fixitcenter.support.microsoft.com/Portal/GetStarted

*「Microsoft Fix it Center Online Beta」が使用出来るOS

  • Windows XP SP3
  • Windows XP Pro (64 ビット) SP2
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows Server 2003 SP2
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • | | コメント (0)

    2009年11月 6日 (金)

    ウイルスバスター2010

    ウイルスバスタークラブ会員の方は無料でバージョンアップ出来ます。下記のURLよりウイルスバスター2010をダウンロード出来ます。

    http://www.trendmicro.co.jp/support/vb/sia/vb2010/ei_full_ie_01.html

    *改善ポイント

    1.クイックスキャンにかかる時間を23.5%改善。

    2.起動時間を34.6%改善。

    *新機能

    Windows、Macの両方に対応。どちらも1本でPC3台までインストール可能。

    なお、各機能の詳細は下記URLを参照して下さい。

    | | コメント (0)

    2009年3月21日 (土)

    Internet Explorer 8

    今日は、Internet Explorer 8がリリースされたので紹介します。下記のURLよりダウンロード出来ます。

    http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/function/default.mspx

    *新機能

    1.アクセラレータ

        これはページ上の単語やフレーズをドラッグすることによって矢印アイコンが表示されるのでアイコンをクリックすることにより、地図、Web 検索、翻訳などのサイトにアクセス出来ます。

    2.Web Slice

          これはページ上の特定コンテンツを購読し、常に情報をチェックすることが出来ます。

    3.サイト候補

           これはユーザーが気に入る、又は便利だと思うサイトが候補として表示されます。

    4.タブ グループ

        これはタブがグループ化され色付けで表示されます。タブを右クリックし「このタブグループを閉じる」をクリックすることで色付け表示されているタブを閉じることが出来ます。

    5.プライバシー

           これは「セーフティ」をクリックし「InPrivateブラウズ」をクリックします。これで常に個人情報が保護されます。「InPrivateブラウズ」を有効にすると「アドレスバー」に「InPrivate」というインジケーターが表示されます。ウィンドウを閉じると「InPrivate」が無効になります。

    6.ドメイン強調表示

        これはドメインが黒字で強調表示されます。

    7.自動クラッシュ回復機能

        これは予期せずブラウザが終了した場合にタブを復元することが出来ます。

    8.SmartScreen

       これはスパイウェア、アドウェア、およびその他の潜在的に危険なソフトウェアがコンピューター システムに侵入し、ユーザーの挙動を監視することを阻止します。

    9.互換表示

         これは更新ボタンの左に互換表示ボタンが表示されます。Webサイトのレイアウトが崩れた時に使用しすることで従来のブラウザ向けにWebサイトを表示します。互換表示ボタンが表示されないWebサイトの場合は「ツール」から「互換表示設定」をクリックし「アドレス」を追加することで常にそのWebサイトを互換表示で表示します。

    10.クイック検索

      検索候補の表示やビジュアル表示が出来ます。

    11.外来語カタカナ用語の末尾の長音表記が変更されている。

    不具合

    ATLAS ツールバーが有効の場合にタブを作成するとエラーでタブが開始出来ませんでした。「ツール」の「アドオンの管理」から「ATLASツールバー」を無効にすることでエラーを回避出来ます。

    なお、各機能の詳細は下記URLより確認出来ます。

    http://www.microsoft.com/japan/windows/internet-explorer/beta/welcome/tour.html

    | | コメント (0)

    2009年1月29日 (木)

    Internet Explorer8 RC1

    今日は、Internet Explorer8 RC1がリリースされたので紹介します。RC版はRelease Candidateの略で「リリース候補版」という意味です。興味のある方は下記のURLからダウンロード出来ます。インストールする際はご注意下さい。http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/beta/downloadlist.mspx

    不具合

    ATLAS ツールバーが有効の場合にタブを作成するとエラーでタブが開始出来ませんでした。「ツール」の「アドオンの管理」から「ATLASツールバー」を無効にすることでエラーを回避出来ます。

    | | コメント (0)

    2009年1月13日 (火)

    Windows7β

    今日は、Windows7βがリリースされたので紹介します。興味のある方は下記のURLからダウンロード出来ます。β版ですのでインストールする際はご注意下さい。

    http://www.microsoft.com/windows/windows-7/beta-download.aspx

    Microsoft Virtual PCにインストールしてみました。メモリは400MBしか割り当てられませんでしたが、そこそこ快適に動作しています。いくつか変更点など紹介します。

    1.タスクバーがアイコン表示になりました。タスクバーのプロパティより従来表示に変更可能。

    2.スタートメニューにクラシックスタイルが無くなりました。プロパティにもそのような項目が無かったので廃止された模様。

    3.シャットダウンがアイコン表示から文字表示になりました。

    4.標準ではメールソフトは搭載されていません。インターネットからダウンロードするようです。

    ここからは、コントロールパネルの項目を取り上げます。

    Windows7βでは、コントロールパネルをクラシック表示にする場合「すべてのコントロールパネル項目」をクリックすることで切り替え出来るようになっていました。

    「Action Center」…Vistaでいう「セキュリティセンター」

    「BitLocker ドライブ暗号化」…ドライブの暗号化。

    「ClearType Text Tuner」

    「RemoteApp and Desktop Connections」

    「システムアイコン」…通知領域に表示されるアイコンを表示/非表示に出来る。

    「ディスプレイ」…ディスプレイに関する設定が出来る。

    「トラブルシューティング」…トラブルシューティングに役立つ情報

    「はじめに」…Vistaでいう「ウェルカムセンター」

    「フィードバック」…フィードバックの送信が出来る。

    「ホームグループ」…共有に関する設定が出来る。

    「位置とセンサーとその他のセンサー」

    「回復」…システムの復元が出来る。

    「既定の位置」…地域の変更が出来る。

    「資格情報マネージャー」…ユーザー名やパスワードなどの資格情報を管理することが出来る。

    「生体認証デバイス」…生体認証機器を利用してWindowsにログオン出来る。

    新機能として「Aero Shake」があります。これは、複数のウィンドウを開いている状態で一つのウィンドウを振り動かすと他のウィンドウがすべて最小化します。ウィンドウ操作では、ウィンドウを最大化するにはウィンドウをドラッグしながら上に持っていくとウィンドウが最大化します。又、二つのウィンドウを比較する場合は、ウィンドウを左と右に持っていくことで比較することが出来ます。タスクバーの右下のボタンを押すことでウィンドウをガジェットを表示したりウィンドウを最小化したり出来ます。

    | | コメント (0)

    2008年10月11日 (土)

    ウィルスバスター2009

    今日は、ウィルスバスター2009について紹介します。ウィルスバスターの会員の方は無料でバージョンアップ出来ます。下記のURLにアクセスすることでウィルスバスター2009をダウンロード出来ます。

    http://tmqa.jp/contents/install/versionup2009.asp?=SupWebclickID_consuptop_vb2009

    *新機能

    1.改良されたサイトブロック機能

                ブロックされたWebサイトを自己責任で閲覧するボタンを実装。

    2.メッセンジャー/WebメールのURL評価

                 インスタントメッセンジャーやWebメールに記載されたURLの安全性を色別で表示。

    3.ローカルWebレピュテーション

               Webレピュテーションの評価が行われていないWebサイトにおいて、HTMLコンテンツを解析することによりWebサイトの安全性を評価。

    4.インターネット利用時間の規制

                インターネットの利用時間を決めることが出来る。

    5. 個人情報保護

                 個人情報の外部への送信を防止する。

    6.リンクフィルタ

                スパム対策技術とフィッシング詐欺対策技術を効果的に組み合わせることにより、迷惑(スパム)メール対策を強化。

    7.無線LANアドバイザ

       無線LANホットスポットの安全性をチェックする機能。

    8.キー入力暗号化

       パスワードの入力を暗号化し、個人情報の盗難を防止。

    9.システムチューナー

       レジストリクリーニングや一時ファイル削除を行うことでパソコンを最適な状態に保ち、軽快な使い心地を提供。

    10.全画面サイレントモード

                    ゲームやDVD鑑賞中など、全画面表示中はポップアップやスキャンを行わない機能。

    なお、各機能の詳細は下記のURLにアクセスすると表示されます。

    http://jp.trendmicro.com/jp/products/personal/vb2009/functions/index.html

    | | コメント (0)

    2008年9月 9日 (火)

    ウイルス検索エンジン VSAPI 8.900

    今日は、ウイルス検索エンジン VSAPI 8.900について紹介します。これはウィルスバスターの最新のウィルス検索エンジンです。ウィルスバスターを使用している場合はインテリジェントアップデートにより自動的に更新されます。

    ※修正点

    1.カーネルメモリ使用効率の大幅な改善 ( Windows NTKD版 )

    2.一部ゲートウェイ対策製品におけるHTTP 検索のパフォーマンス改善 ( Linux版 )

    なお、詳細については下記URLにアクセスして下さい。

    http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20080804042654.html

    | | コメント (0)

    2008年8月29日 (金)

    Internet Explorer8 Beta2

    今日は、Internet Explorer8 Beta2がリリースされたので紹介します。興味のある方は下記のURLからダウンロード出来ます。Beta版ですのでインストールする際はご注意下さい。

    http://www.microsoft.com/windows/internet-explorer/beta/worldwide-sites.aspx

    *新機能

    1.アクセラレータ

       これはページ上の単語やフレーズをドラッグすることによって矢印アイコンが表示されるのでアイコンをクリックすることにより、地図、Web 検索、翻訳などのサイトにアクセス出来ます。

    2.Web Slice

       これはページ上の特定コンテンツを購読し、常に情報をチェック出来ます。

    3.サイト候補

       これはユーザーが気に入る、又は便利だと思うサイトを候補として表示します。

    4.タブ グループ

       これはタブグループ化され色付けで表示されます。タブを右クリックし「このタブグループを閉じる」をクリックすることで色付け表示されているタブを閉じることが出来ます。

    5.プライバシー

       これは「セーフティ」をクリックし「InPrivateブラウズ」をクリックします。これで常に個人情報が保護されます。「InPrivateブラウズ」を有効にすると「アドレスバー」に「InPrivate」というインジケーターが表示されます。ウィンドウを閉じると「InPrivate」が無効になります。

    6.ドメイン強調表示

       これはドメインが黒字で強調表示されます。

    7.自動クラッシュ回復機能

       これは予期せずブラウザが終了した場合にタブを復元します。

    8.SmartScreen

       これはスパイウェア、アドウェア、およびその他の潜在的に危険なソフトウェアがコンピューター システムに侵入し、ユーザーの挙動を監視することを阻止します。

    9.互換表示

       これは更新ボタンの左に互換表示ボタンが表示されます。Webサイトのレイアウトが崩れた時に使用しすることで従来のブラウザ向けにWebサイトを表示します。互換表示ボタンが表示されないWebサイトの場合は「ツール」から「互換表示設定」をクリックし「アドレス」を追加することで常にそのWebサイトを互換表示します。

    10.コマンドボタンからメールボタンをクリックすることでメールソフトを起動することが出来ます。

    11.外来語カタカナ用語の末尾の長音表記が変更されている。

    なお、各新機能の詳細は下記のURLにアクセスすると表示されます。

    http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/ie8/tour.html

    | | コメント (0)

    2008年6月 5日 (木)

    SonicStage CP (SonicStage Ver.4.4)

    今日は、SonicStage CP (SonicStage Ver.4.4)について紹介します。下記のURLからダウンロード出来ます。

    http://www.sony.jp/support/pa_common/download/ss_dl_03.html

    *新機能

    HE-AAC対応のウォークマンに、コーデック変換せずに転送できるようになりました。

    *改善項目

    特定のプレイリストファイル(拡張子がm3uのファイル)を開いたときに、バッファオーバーフローを引き起こし、お客様のコンピューター上で任意のプログラムが実行される可能性があるセキュリティ問題を修正しました。

    なお、「SonicStage CP (SonicStage Ver.4.4)」の設定方法は「SonicStage CP 」の記事を参照して下さい。

    | | コメント (0)

    2008年5月26日 (月)

    Windows XP SP3

    今日は、Windows XP SP3について紹介します。Microsoft Updateからダウンロード出来ます。

    Windows XP SP3問題点

    1.Internet Explorer 7を利用している場合、Internet Explorer 6にダウングレード出来なくなります。その為、Internet Explorer 6にダウングレードをする場合はInternet Explorer 7をアンインストールしてからWindows XP SP3を適用して下さい。又、Internet Explorer 8 Beta1を利用している場合にも同様です。

    2.「デバイスマネージャー」を起動すると、ウィンドウのレイアウトが崩れる。

    | | コメント (0)