2009年7月25日 (土)

データのバックアップ6

今日は、送受信メールのバックアップ方法を紹介します。

1.前回作成しておいた「バックアップ」フォルダを開きます。

2.その中に適当な名前のフォルダを作成します。

3.「Windowsメール」の場合は、「ファイル」をクリックし「エクスポート」から「メッセージ」をクリックします。

4.「Windowsメール エクスポート」が出るので「Microsoft Windowsメール」を選択し「次へ」をクリックします。

5.「参照」をクリックし「2.」で作成したフォルダを選択し「次へ」をクリックします。

6.「すべてのフォルダ」にチェックを入れ「次へ」をクリックし「完了」をクリックします。

7.「Outlook Express」の場合は、「ツール」をクリックし「オプション」をクリックします。

8.「メンテナンス」タブをクリックし「メッセージのクリーンアップ」の「保存フォルダ」をクリックし表示されている保存フォルダを開きます。

9.拡張子が「dbx」のファイルをコピーし「2.」で作成したフォルダに貼り付けます。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

データのバックアップ5

今日は、アドレス帳のバックアップ方法を紹介します。

1.前回作成しておいたフォルダを開きます。

2.その中に適当な名前のフォルダを作成します。

3.「Windowsメール」を起動し「ファイル」をクリックし「エクスポート」を選択し「Windowsアドレス帳」をクリックします。「Outlook Express」の場合は、4.~6.の作業は必要ありません。

4.「Windowsアドレス帳のエクスポート」が起動するので「CSV(カンマ区切り)」を選択し「エクスポート」をクリックします。

5.「CSVのエクスポート」が起動するので「エクスポート先のファイル名」の「参照」をクリックし先ほど作成したフォルダを選択し「保存」をクリックし「次へ」をクリックします。

6.「エクスポートするフィールドを選択してください」で保存したい項目にチェックを入れて「完了」をクリックします。「アドレス帳が新しいファイルに変換され、指定した場所にエクスポートされました。」と表示されればバックアップは成功です。

結果、万が一に備えてバックアップしておく事でいつでも復元出来る。

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

データのバックアップ4

今日は、メールアカウントのバックアップ方法を紹介します。

1.前回作成しておいたフォルダを開きます。

2.その中に適当な名前のフォルダを作成します。

3.「Windowsメール」の場合は、「ツール」をクリックし「アカウント」をクリックします。

4.「インターネットアカウント」が起動するのでアカウント名をクリックし「エクスポート」をクリックし、保存先を選択し「保存」をクリックします。「Outlook Express」の場合は、「インターネットアカウント」が起動するので「メール」タブを選択しアカウント名をクリックし上記の方法で保存して下さい。

結果、万が一に備えてバックアップしておく事でいつでも復元出来る。

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

データのバックアップ3

今日は、Internet Explorerのお気に入りのバックアップ方法を紹介します。

1.前回作成しておいたフォルダを開きます。

2.その中に適当な名前のフォルダを作成します。

3.Internet Explorerを起動し、Internet Explorer6の場合は、「ファイル」をクリックし「インポートおよびエクスポート」をクリックします。Internet Explorer7の場合は、「お気に入り追加」をクリックし「インポートおよびエクスポート」をクリックします。

4.「インポート/エクスポートウィザード」が起動するので「次へ」をクリックし「お気に入りのエクスポート」を選択し「次へ」をクリックし「Favorites」をクリックし「次へ」をクリックします。

5.「ファイルまたはアドレスにエクスポートする」の「参照」をクリックし保存場所を先ほど作成したフォルダにして「保存」をクリックし「次へ」をクリックし「完了」をクリックします。「お気に入りのエクスポートに成功しました」と表示されればバックアップは成功です。

結果、万が一に備えてバックアップしておく事でいつでも復元出来る。

| | コメント (0)

2007年10月28日 (日)

データのバックアップ2

今日は、WordやExcelなどのデータのバックアップ方法を紹介します。

1.前回作成しておいたフォルダを開きます。

2.その中に適当な名前のフォルダを作成します。

3.WordやExcelなどのファイルをコピーし、2.で作成したフォルダに貼り付けをします。2.~3.の作業を繰り返しデータのバックアップをします。

結果、万が一に備えてバックアップしておく事でいつでも復元出来る。

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

データのバックアップ

今回新たに「バックアップ」というカテゴリーを追加しました。これから少しずつ投稿していきます。大切なデータを失わないように日頃からバックアップする事をお勧めします。今日は、Internet Explorerの設定のバックアップ方法を紹介します。

1.まず、任意のドライブにバックアップデータを保存するフォルダを作成します。

2.「インターネットオプション」を開き、必要な箇所でキーボードの「Alt」と「Prt Sc」を押しスクリーンキャプチャー機能を使用しコピーをします。

3.「ペイント」を起動し「貼り付け」をクリックします。先程コピーした画像が貼り付けられるので1.で作成したフォルダに名前を付けて保存します。

4.1.~3.の作業を繰り返し「インターネットオプション」の設定をバックアップをします。

結果、万が一に備えてバックアップしておく事でいつでも復元出来る。

| | コメント (0)