« ハードディスクの容量を増やしてWindowsを快適化5 | トップページ | Windowsのロゴを消して高速化 »

2006年7月30日 (日)

ウイルスバスター2006を使ってセキュリティ対策

今日はウィルス対策をしてWindowsのトラブルを解消させる方法を紹介します。ここでは「ウィルスバスター2006」がインストールされている事とします。すでに「ウィルスバスター」をインストールしている方は下記のURLから「ウィルスバスター2006」に無料でバージョンアップ出来ます。最新プログラムバージョンは14.1です。*http://www.trendmicro.co.jp/support/vb/beginner/chkreq/chk_req_top.asp

1.「ウィルスバスター2006」のメイン画面を起動し「総合セキュリティ状況」の「詳細を見る」をクリックし「リアルタイム検索」をクリックし「リアルタイム検索を有効にする」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

2.「メール受信時のウィルス検索」をクリックし「メール受信(POP3)時のウィルス検索を有効にする」と「メール検索時にポップアップメッセージを表示する」にチェックを入れて「適用」をクリックします。次に「送信メールの検索」タブをクリックし「メール送信(SMTP)時のウィルス検索を有効にする」と「メール検索時にポップアップメッセージを表示する」にチェックを入れて「適用」をクリックします。次に「Webメールの検索」タブをクリックし「Webメール(AOL、Yahoo!、MSN)受信時のウィルス検索を有効にする」と「メール検索時にポップアップメッセージを表示する」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

3.「スパイウェアの監視」をクリックし「スパイウェアの監視を有効にする」にチェックを入れて「検索対象」にすべてチェックを入れて「適用」をクリックします。

4.「迷惑/詐欺メールの判定」をクリックし「迷惑/詐欺メールの判定を有効にする」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

5.「URLフィルタ」をクリックし「URLフィルタを有効にする」と「禁止されたWebサイト以外は、アクセスをすべて許可する」と「次のカテゴリに該当するWebサイトは、アクセスを禁止する」にチェックを入れてカテゴリを選択して「偽装サイトへのアクセスをブロックする」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

6.「パーソナルファイアウォール」をクリックし「パーソナルファイアウォールを有効にする」と「ネットワーク接続環境の変更を自動的に認識する」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

7.「無線LANパトロール」をクリックし「定期的なパトロール」から「無線LANパトロールを有効にする」にチェックを入れて「周期」を設定し「適用」をクリックします。

8.「現在の状況」をクリックし「総合セキュリティ状況」の「インテリジェントアップデート」から「設定する」をクリックし「インテリジェントアップデート」から「インテリジェントアップデート(自動アップデート)を有効にする」と「アップデートの実行前に確認メッセージを表示する」と「アップデートの進行状況を表示する」にチェックを入れて「実行の周期」を設定します。次に「自動復旧の設定」タブをクリックし「連続して障害が発生したら、ウィルスパターンファイルを自動復旧する」にチェックを入れて「適用」をクリックします。

上記の設定変更でWindowsのトラブルが解消されたと思います。

|

« ハードディスクの容量を増やしてWindowsを快適化5 | トップページ | Windowsのロゴを消して高速化 »

トラブル解決」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハードディスクの容量を増やしてWindowsを快適化5 | トップページ | Windowsのロゴを消して高速化 »